インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラントとは、失った歯を回復するために、ブリッジや入れ歯にかわる、チタン製の人工歯根に人工歯を装着する方法です。
1本から対応でき、他の歯に負担をかけることもなく天然歯と同じような噛み心地を再現できます。

当院のインプラントの特徴

当院のインプラントの特徴

安全に治療を行うために、コンピューターシミュレーションとサージカルガイドを使用します。
事前にコンピューター上でシミュレーションを行い、最適な位置に精確にインプラントを埋入することができます。
また、100%ガイドのみを信用するのではなく、自分の目で見てダブルチェックを行うため、さらに精確な治療が可能になります。

当院では、ジンマー・バイオメット・デンタル社のBIOMET3iインプラントを使用しています。
10年以上の長期臨床成績と科学的根拠に基づく予知性の高いオッセオインテグレーションを実現し、BIOMET3iアバットメントはトップダウンソリューション・コンセプトに基づいたプロダクトラインを提供します。10年補償もしていますので、安心してお使いいただくことができます。

メリット、デメリット

メリット

  • ブリッジのように、隣の歯を削る必要がない
  • 見た目が自然で美しい
  • 入れ歯のように外す必要がないため、手入れが簡単
  • ほかの歯に負担がかかることがない
  • 違和感が少なく、噛みやすい

デメリット

  • 外科治療が必要
  • 骨が不足する場合は、骨造成を行わなければならない。
  • お金と時間がかかる
  • メンテナンスが必要になる

治療の流れ

治療の流れ
1診査診断

診査を行い、インプラントが必要なのか、口腔内の状態を確認し判断します。

診査内容

レントゲンと口腔内写真ほか、精密検査を行います。

治療方針決定

診査の結果を元に、治療方針について医師・歯科衛生士を含めカウンセリングを行い、最適な治療方針を決定いたします。

患者さまへの説明

決定した治療方針・治療計画・治療本数・治療方法・治療費用・リスク・治療期間など詳しく説明させていただきます。

また、インプラントを行う前に、周辺部位の治療が必要な場合は始めに処置を行います。

2一次手術

歯茎を開き、顎の骨にインプラントを埋め込むための穴を開けます。開けた穴にしっかり固定するようにインプラントを埋め込み、歯茎を閉じます。

3治癒期間

インプラントが骨と結合する期間です。
上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月の治癒期間が必要です。インプラントがしっかりと結合するまで治癒を待ちます。
この治療期間を短縮しているところもあるようですが、生物学的に結合するのに必要な期間なので、当院では厳守しています。

4二次手術

インプラントと歯が結合したら、再度歯茎を開き、インプラントの頭を出します。

5治癒期間

歯茎が治癒するまで待ちます。

6型取り・作製

骨との結合が確認できたら、被せ物を作製するための型取りを行います。時間をかけて綺麗な人工歯をつくります。(1~2週間)

7人工歯装着(補綴)

天然の歯と見分けのつかない人工歯をインプラントに装着し、トラブルが発生しないように、しっかりと咬合調整をします。またお手入れの方法などを練習します。

8メンテナンス

インプラントを長期間維持するためには、メンテナンスが重要です。また、インプラントの歯と噛み合う歯は、歯周病が悪化しやすいので注意が必要です。
そのため、3ヶ月ごとの定期検診をおすすめしています。

ご予約・ご相談はお気軽に

一人ひとりに寄り添った治療を提供したいと思っています。
成田で歯医者をお探しの方は、さくら歯科クリニックにご相談ください。

pagetop